1st パブリックカッピング レポート (Mar 16, 2016)

 

本日は、昨晩(2016/03/16)開催致しましたパブリックカッピングの様子をレポートいたします。

IMG_4604

さあ、コーヒーの世界の扉を開きましょう。パブリックカッピングの始まりです。

開始は、午後6時から。本当に多くの方にご来場いただきました。会場は、カフェオーナーから、コーヒー好きな方、これからコーヒーショップを開こうとする方まで多種多様な方で、一杯です。遠くは、奈良や、広州(中国)からもお越しいただきました。感謝!

この日、用意したコーヒーは、27種類。

アフリカ、北米、中米、南米、アジアと、コーヒー生産各地から幅広く。そして、現在流通しているコーヒー(カレントクロップ)と、これから流通していくコーヒー(ニュークロップ)、台湾、シンガポール、香港、そして、日本と、いろいろなロースターのコーヒーも。

行なったセッションは、3セッション、大体1時間に1セッション。1セッションあたり6〜7サンプルをセットしました。

1セッション目は、ニュークロップサンプルの中にカレントクロップが1つ。さすが、コーヒー好きが集まっていますね。鮮度の差をきっちりキャッチしていました。

カップオブエクセレンスのブラジルのレイトハーベストのトップレベルのサンプルもはいっていて、それが、1番人気に。さすが、王者の貫禄。

2セッション目は、カレントクロップでも、様々な特徴を持ったコーヒーを中心に。ニュークロップにも、負けない風味が参加者の感覚に好印象だった様子!やっぱり、新しければいいってもんじゃないって、自力の差を感じさせました。ウォッシュドとナチュラルという生産処理の異なるコーヒーが混在したセッションでしたが、1位人気になったのは、コスタリカのナチュラル!!「マイクロミル・アグリビッド」。ナチュラルプロセスから来る豊かなフルーティーな風味と、果物のみずみずしさを感じるほのかな甘酸っぱい感じが良かったようです。

IMG_4610

1セッション1時間はかけて、ゆっくり味見をしているので、みなさんやや疲れ気味。もちろん、1セッションの後に帰られた方も、2セッション終えて帰られた方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方が3セッション目も参加!これには、参加者の方の熱意に、こちらもびっくりでした。

さて、3セッション目。どうせなら、楽しくやらなきゃ!ということで、コーヒーの風味を目一杯楽しんでもらおうというセッションに。

品種の特徴が他のコーヒーと完全に一線を画している「ゲイシャ種」、そのナチュラルプロセス「ゲイシャ・ナチュラル」をパナマから。

グァテマラの押しも押されぬトップクォリティのコーヒー「インヘルト」からは、「パカマラ種」このパカマラの風味も独特なんです。完全にコーヒーじゃない感は、半端ありません。

ボリビアからは、いいバランスのコーヒーが、ロンドンのロースターから、コーヒー発祥の国エチオピアからは、ウォッシュドプロセスの風味に特徴があるものがシンガポールから、ウォッシュドとナチュラルのブレンドのコーヒーが香港からと、世界各地のスペシャルティコーヒーロースターからPresentsロットでした。

IMG_4618

今回は、どのセッションも、「いいな〜と思うもの」「これ好きだな〜」というものすべてに手を上げていただきました。

今回のセッションは、皆さん、ほとんど、手が上がりっ放し。いや〜、風味に特徴があるコーヒーは、楽しいですね。

今回は、初めてということで、至らない点もあったと思いますが、参加者皆さんのご協力で、楽しく過ごせたのではないかと。

心より感謝申し上げます。

来月は4月8日に東京-五反田のボンタインセミナールームTOKYOと、4月13日に、名古屋のカフェボンタイン名古屋錦本店で開催を予定しています。両日ともに、夕方からの開催です。お誘い合わせの上、是非、ご来場ください。スタッフ一同、お待ちしております。

さあ、今度はどんなサンプルにしようかな〜。

IMG_4611

↑こちらは名古屋の重鎮、谷口さんご夫妻(豆珈房)。夫婦で、同時にSniffing。

3月16日 ボンタイン パブリックカッピング 名古屋開催!!

 

スクリーンショット 2016-03-11 11.25.09

ボンタイン・パブリックカッピング開催のご案内です。

東京で、1年数ヶ月かけて開催して参りました「ボンタイン・パブリックカッピング」を名古屋でも開催することになりました。

長らくお待ち頂きました皆様、本当にお待たせしてしまい申し訳ございませんでした。また、ボンタインをご存じない皆様、是非、このパブリックカッピングを通じて、お知り合いになれますことを楽しみにしております。

「パブリックカッピング」とは、いろいろなコーヒーを通じて、コーヒーコミュニティーを作っていく場所で、「どなたでも、とてもお気軽に」お越しいただける、そんな場所です。

「5分しか時間がないけど、ちょっとよって見よう」というのでも、「コーヒーって、どうやって楽しむのかな」という方でも、コーヒーに興味があれば大丈夫、ボンタインのスタッフがサポートいたします。

また、自分だけでコーヒーの味の取り方をトレーニングしたくても、なかなか、他の人とカッピングをする機会がないな〜と思っていらっしゃる方も大丈夫、3セッション程のカッピングテーブルをご用意致します。弊社スタッフも同じようにカッピングさせていただきますので、セルフカリブレーションも、他の人とのカリブレーションもしていただけます。

場所も、時間も、通常営業中のカフェの中で行ないますので、お気軽に御越しいただけます。

【開催概要】

場所:カフェボンタイン 名古屋錦本店

中区錦3-11-20 / TEL052-953-5055

日時:2016年3月16日 午後6時〜9時頃

費用:無料

持ち物:特にございません。(ご自身のカッピングスプーンがある方は、是非、ご持参ください。)

内容:6〜10種類程のコーヒーをご用意いたします。スプーンを使っての、コーヒーの味覚体験をしていただけます。トータル3セッション程ご用意いたします。(1時間当り1セッション程度を目安にしています。 )

ガイド:深谷バリスタ(2005 JBC 3th)、RYOバリスタ(2015 JBC Semi-Finalist)、バリスタSHOGO(2015 JBC 8th)、YOSHI KATO(WCE Representative/JUDGE)

【お願い】ボンタイン・パブリックカッピングは、どなたでもお気軽にお越しいただく場所にしたいと思います。それぞれの感覚、意見は、様々なのが当然です。ご一緒していただく方のご意見を尊重し、共にコーヒーを楽しめる空間にしていただけるようお願い申し上げます。

また、このパブリックカッピングをご自身の営利目的のためにご利用いただく方には、ご遠慮いただく場合がございます。ご理解頂きますようお願い申し上げます。

それでは、多くの皆様に御越しいただきますことを楽しみにお待ちしております。

カフェボンタイン&カッピングルーム スタッフ一同

シンガポールのブリューワーズカップ

12799328_10204558409555220_8508497780995002993_n

シンガポールのブリューワーズカップ(コーヒー抽出選手権)で、主審を努めてきました。

「Brewers Cup :ブリューワーズカップ」とは、マニュアル抽出で、3杯のコーヒーを個別に抽出し、そのカップクォリティーとサービススキル、および、抽出のコントロールスキルを競い合う大会です。

予選、決勝と2ラウンドあり、予選では、同じコーヒー、同じ給湯器、同じ水、同じグラインダーを使用する「Compulsory(規定競技)」と、マニュアル抽出であれば、ほとんど規定のない「Open Service(フリー競技)」、決勝では、「Open Service + 前Compulsoryの合計得点」で競われます。

この大会では、抽出されたすべてのコーヒーのTDS(Total Dissolved Solids:総溶解固形分)を計測します。TDSとは、コーヒーという液体の中に、コーヒー豆から抽出された物質がどの程度含まれているかを、パーセント表示した数値のことです。

一般的には、1.15%から1.65%辺りが心地よく感じることの出来るといわれます。「コーヒーの焙煎度合と挽き目」、「コーヒーとお湯の割合」などによって、このTDSが変化するのですが、味覚の感覚は、一概にこのTDSによって表される数値と比例しないところが、この大会の醍醐味です。

今回は、16名の参加者から、6名の決勝競技者が選ばれ、その優勝者が、6月に開催される世界大会に出場します。今回優勝したのは、John Ryan Tingバリスタ。昨年のバリスタの世界大会でも、セミファイナリストとなった世界のトップバリスタでした。そのトップバリスタでも、2位と0.5点差という僅差という熾烈な戦いです。エチオピアのシャキッソのナチュラルプロセスのコーヒーを使用し、鉄瓶で湧かしたお湯をつかっての抽出は、ワイニーな香り豊かなコーヒーでした。

人の嗜好はとても多様ですが、その多様な嗜好が故に、コーヒーをより楽しむことができるのだと感じました。

2016年3月7日